松田聖子さんが神田沙也加さんの仏壇から片時も離れず話しかけてるって記事を見て自分の母親や祖母・・・身近な人の死を思い出して考えた日

この記事は約4分で読めます。

おはこんばんぬづわ~

今日はとっても暖かい日だった( ゚Д゚)
買い物へ行ったら汗をかいたからねwww
ダウンコート着てった事を本当に後悔した;
春のような陽気だったなぁ(*´ω`*)

こんな時間なのに未だに今日の夕飯の献立が思いつかず苦しんでるアテクシです(震え声)

 

最近よくおばあちゃんの事を思い出す。
『男はつらいよ』をよく見ているせいか、何だかおばあちゃんと暮らしていた時の事を思い出すんだよねw
おばあちゃんとの生活には昭和を感じられる事が沢山あったな~って思うw
それが、幼い頃は恥ずかしかったりもして周りの家庭が羨ましかったりもしたな~(;´・ω・)

私のおばあちゃんはがばいばあちゃんに近い感じのパワフルなおばあちゃんだったwww

エピソードを話すと対外の人は驚くし引くねwww
婆ちゃんが80歳の時に髪の毛掴まれて引きずられたり(その頃の私めちゃくちゃ太ってたw)飛び蹴りされたりしたwww
これ一切盛ってなくてガチだからねwww

まぁ、でもその反面とても情があった人だった。
私の友達が色々な事情で高校生で一人暮らしをしないといけない時はお米とか色々持たせてくれたし、その人の母親が亡くなった時も、お寺で私の母親や先祖のなんかをするのにお金を払う時もその人の分もしてあげてた。
その事は友達は知らないから本当に気持ちからだと思う。

口がとても悪いし物事をはっきりと言う攻撃的な所もあるから表立って言わないけどおばあちゃんが嫌いな人は多かったとも思う(爆)

今は本当に感謝しかない。
正直、母親の事より思い出すのはおばあちゃんの事の方が多いからね。
おばあちゃんに育てられた時間の方が長いからっていうのもあるけど後悔が本当に多いからっていうのもあるのかも。
何もしてあげられなかった事が本当に申し訳ないし、生意気な事を言ったり態度をとったり・・・
本当におばあちゃんごめんなさい。

 

老衰をした祖母にですらこう思うんだから、自分の娘・・・しかも自殺をしてしまったのならもっと後悔や思う事があるんだろうなって松田聖子さんの記事を読んで思った。

自殺って本当に心のやり場がないよね。
もしかしたら助けられたのかもしれない、どうして気付けなかったんだって本当に自分を責める気持ちしか生まれないと思う。

昔バイト先が一緒だった子が自殺した時、そして今でも後悔してる。
もっと話を聞いてあげられたら違ったのかなとか、どうして死を選んでしまったんだろう。
『どうして』が膨らんでいっちゃうんだよね。

生きてる人間は一生この気持ちを背負っていかないといけないのを自殺する人は考えられないかもしれないけど、心のどこかに置いて考えて欲しいな。

昔、自殺未遂ばかりする友達に

『お前は自分の事ばかりで私の事なんかどうでもいいんだろ?だから何度も自殺はやめてほしい。って言ってもやめないんだろ?私はもう大切な人を失いたくないって何度もお前に話したよな?人を何度も傷つけてる事、裏切ってる事がお前にはわからないんだろ?お前は死んだら何も考えなくていいからいいよな。でも残ったお前の親、友達、私はどうしたらいいんだよ?一生、お前の事で後悔して生きていかなきゃいけないんだよ。お前はそんな辛い事を背負わせる事を平気でするんだろ?それで親友だの家族だと思ってるだなんて簡単に言うんじゃねえよ』

って、お口は悪いんだけど・・・いつかの新年にブチギレて言ってしまいますた(震え声)

もう縁を切るつもりでいたから言ったんだよねwww
でも、友達にチャンスが欲しいと言われたんだけど拒否りまくったwww
どうせこの場を取り繕う嘘だから嫌だってw
数時間、話し合った(?)んだよね。
それでも友達は泣きながら頼んできたから、お前の事はマジで信じてないから今も別に信じてないから、誠意を見せてくれって言ったんだよねwww
チャンスをあげるに値する事をしてくれってめっちゃ偉そうな事を言い放ったwww

で、友達と別れてから友達からSkypeの映像通話が来て、大量の薬を私の前でゴミ箱に捨てた。
性格の悪い私は『この通話切ってからそれ拾えるじゃん』って言い放ったら、友達の顔が( ゚Д゚)って本当にこの顔になったんだよねwww
まさか、そんな事を言われると思わなかったんだろうなwww
まぁそれで煙草の灰を捨ててジュースをかけて再起不能にしてた。

その行動で私も最後にもう一度ってチャンスをあげてもう何年も経つけど、自殺未遂はしてない。

あの時の私の物の言い方は下手したら友達を死へ追い込むものだったかもしれない。
正解なんてわからないけど、それでも今生きてくれてるのが本当に嬉しい。

生きてる事の方が死ぬより何倍も辛いかもしれない。
私の勝手なエゴなのかもしれない。

それでも私は友達に生きてて欲しい。
生きててよかったって思って欲しい。

 

やべぇ・・・
もう少しでその友達の誕生日だって事を思い出したから今年こそは何か誕生日プレゼントを送ってあげようかな(震え声)

 

 

 

そんな感じで熱くなって打ちまくってたらこんな時間になってしまった( ゚Д゚)
ご飯のメニューは未だに決まってないけどそろそろ何かしらしないとヤバイのでw

これで終わりにしまーす。
ばいも~

コメント

タイトルとURLをコピーしました